みてね基金

『すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して』〜「みてね基金」は「家族アル…

みてね基金

『すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して』〜「みてね基金」は「家族アルバム みてね」の社会活動です。2020年4月から、子どもや家族を取り巻く社会課題の解決を目指す活動を支援しています。本サイトから「みてね基金」が支援したNPOの紹介や助成情報等の発信を行います。

マガジン

  • 【助成情報】第二期 イノベーション助成・ステップアップ助成

    「みてね基金」第二期 イノベーション助成とステップアップ助成の情報をまとめました。

  • 【助成情報】第四期 イノベーション助成

    「みてね基金」第四期 イノベーション助成の情報をまとめました。

  • 【助成情報】第三期 ステップアップ助成

    「みてね基金」第三期 ステップアップ助成の情報をまとめました。

  • 子どもと家族に寄りそうNPO

    「みてね基金」が助成したNPO(非営利団体)の紹介記事をまとめました。

  • 【助成情報】第一期 助成

    「みてね基金」第一期助成の情報をまとめました。

リンク

最近の記事

【イベントレポート】「みてね基金」第二期・第四期イノベーション助成団体の合同イベントを開催!

「みてね基金」第二期イノベーション助成7団体、第四期イノベーション助成4団体をお招きして、合同イベントを開催しました! イノベーション助成とは、以下2つを満たした事業に対して、3年間で最大1億円を助成するプログラムです。 子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決に向けて、「みてね基金」が定める「難病・障がい」「教育」「貧困」「出産・子育て」「虐待」の5つの領域に取り組む事業 団体の活動で生み出される社会的なインパクトに加えて、自団体を超えた、より大きな社会システムの変革

    • 【イベントレポート】「みてね基金」第三期ステップアップ助成 合同レビュー

      「みてね基金」第三期ステップアップ助成の採択団体をお招きして、合同レビューを開催しました! 今回のテーマは「悩みを共有し、智慧を引き出す」事業を推進していれば、上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあります。しかし、日々の忙しさや内容の複雑さ、団体どうしのつながりの少なさから相談相手が見つからず、解消されないことも多いそうです。 「みてね基金」の合同レビューは、採択団体が同じコミュニティの仲間として一同に集まる貴重な機会です。そこで今回は、特に「うまくいかなかったこ

      • 「みてね基金」第四期 イノベーション助成 選考結果

        概要詳細は 「みてね基金」第四期 イノベーション助成 公募要項 をご参照ください。 選考結果総評イノベーション助成は、非営利団体が積み重ねてきた実績やノウハウ、資産を活かしながらも、これまでの活動や成果を超え、社会システムの変革を生み出すビジョンとプランを持った団体を支援する助成プログラムです。 第二期イノベーション助成につづき、今回もたくさんの申請をいただきました。申請事業の中には、自団体の強みや特徴を活かした挑戦的な事業がいくつもあり、資金使途の柔軟性が高く、比較的

        • 朝日新聞デジタルに、「みてね基金」に関する笠原健治のインタビューが掲載されました

          朝日新聞社から取材をいただき、「みてね基金」笠原健治のインタビューが掲載されました。 ビジネスの世界に身を置きながら、非営利団体が取り組む社会課題の解決に私財を投じる想い等をご紹介いただいていております。 (現場へ!)稼いだお金と社会貢献:1 活動に共感、起業家が応援

        【イベントレポート】「みてね基金」第二期・第四期イノベーション助成団体の合同イベントを開催!

        マガジン

        • 【助成情報】第四期 イノベーション助成
          12本
        • 【助成情報】第二期 イノベーション助成・ステップアップ助成
          11本
        • 【助成情報】第三期 ステップアップ助成
          11本
        • 子どもと家族に寄りそうNPO
          34本
        • 【助成情報】第一期 助成
          4本

        記事

          地域とのつながりも育む「体験格差」解消 すべての子どもが希望を持てる社会へ

          公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン東日本大震災をきっかけに、経済的な困難を抱える子どもたちの学習活動に使える「スタディクーポン」を発行、経済的な背景による学習機会の格差解消に取り組む。 学習機会の格差だけでなく、スポーツや芸術など、子どもたちの体験機会の格差を解消したい、という長年の思いから「子どもの体験奨学金事業ハロカル」を開始。 「ハロカル」の思いに共感した全国各地の地域団体とともに、一人でも多くの子どもたちの「体験格差」解消と、子どもたちが安心して過ごせる地域

          地域とのつながりも育む「体験格差」解消 すべての子どもが希望を持てる社会へ

          #07「チャンス・フォー・チルドレン」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 全7回に

          #07「チャンス・フォー・チルドレン」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          #06「テラ・ルネッサンス」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 全7回に

          #06「テラ・ルネッサンス」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          #05「3keys」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 全7回に

          #05「3keys」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          #04「東京子ども子育て応援団」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 全7回に

          #04「東京子ども子育て応援団」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          #03「キッズドア」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 全7回に

          #03「キッズドア」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          #02「フローレンス」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 全7回に

          #02「フローレンス」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          #01「みんなのコード」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「みてね基金」では現在、第四期 イノベーション助成の申請を公募中です。 イノベーション助成は、革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるための、1団体最大1億円のまとまった投資的資金を提供するプログラムです。 「みてね基金」では、より多くのNPOの皆さまに助成申請をご検討いただきたいと考え、第二期 イノベーション助成で採択した7団体に、「ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと」に関する3つの質問にお答えいただきました。 本日から

          #01「みんなのコード」に聞く、ソーシャル・イノベーションを起こすために大切なこと

          「心が傷ついた少女たちを助けたい」子どもが大人に頼れる場をつくる京都の子ども食堂

          NPO法人happiness居場所づくりで大切にしたいのは、楽しいこと、大人が子どもと一緒に考えること。しんどいことはこっそり聞く。 親の虐待から逃げてきた少女たちに願うのは、「生きていてよかった」と思ってくれること。 子育てはほどほどに。頑張りすぎると困った問題が起こる原因にも。まわりに助けてもらいながら楽しんでくれたら。 「自分を受け入れてもらえた」実体験が人生を変えた 宇野さんが「ハピネス子ども食堂」を始めたのは、2005年に初めて出産を経験してから11年後。大

          「心が傷ついた少女たちを助けたい」子どもが大人に頼れる場をつくる京都の子ども食堂

          「みてね基金」 第四期 イノベーション助成 説明会 資料公開

          2023年10月24日(火)と10月25日(水)に実施した説明会の資料を公開します。 本助成の詳細は公募要項をご確認ください。 公募要項で、説明会の動画視聴と個別相談を承っております。こちらもご活用ください。

          「みてね基金」 第四期 イノベーション助成 説明会 資料公開

          「みてね基金」 第四期 イノベーション助成 よくあるご質問

          よくお問い合わせいただくご質問についてご紹介します。ご不明な点やご相談されたいことがありましたら、お気軽にみてね基金事務局までお問い合わせください。 ▶「みてね基金」 第四期 イノベーション助成 公募要項 事業・団体についてQ. 当社は株式会社として経営していますが、非営利で子育て共助の社会事業にも取り組んでいます。当社のような事業者は今回の助成対象になりますか? A. 非営利組織のみを対象に公募しております。 Q. 申請時点で法人格を持たない場合(任意団体など)、申

          「みてね基金」 第四期 イノベーション助成 よくあるご質問

          「みてね基金」第四期 イノベーション助成 公募要項

          「みてね基金」は、子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決に向けて、「みてね基金」が定める「難病・障がい」「教育」「貧困」「出産・子育て」「虐待」の5つの領域に取り組む活動に対して、二つの助成プログラムを実施しています。 イノベーション助成 革新的な解決策のアイデアと実行力を持っている団体に、その取り組みを進めるためのまとまった投資的資金を提供する。 ステップアップ助成 地道に活動を続けている非営利団体が、事業基盤や組織基盤を固め、事業や団体のステージを一段アップさせてい

          「みてね基金」第四期 イノベーション助成 公募要項